トイレトラブル解決の糸口【メカニズムを探ろう】

水漏れ原因の違いを比較

部品の劣化

排水管やタンク内のゴムパッキンや、ホースなどの部品が経年劣化することで、水漏れが発生します。部品は消耗品という意識をもって、使用年数に応じて点検し、交換していく必要があります。

ひび割れ

陶器でできていることが多いトイレの便器は、ひび割れをして破損することがあります。物を落としたり、大きな負荷を与えたりすることでひび割れが起こりやすくなります。小さなひびでも水が漏れる可能性が高いので注意しましょう。

原因を知ることが大事

トイレトラブルは面倒な問題に発展することが多いです。普段から無意識にトイレを使うのではなく、トイレの構造やメカイズムを知っておくと、いざというときに役立ちます。専門的な知識を身に付ける必要はないですが、簡単な仕組みは押さえておいて損はないはずです。

トイレトラブル解決の糸口【メカニズムを探ろう】

レバー

トイレの構造

最近では洋式トイレが主流となっています。一般的な洋式トイレは、タンク、便座、便器から構成されています。タンクには水が入っており、レバーを引いたり、ボタンを押したりすることで、排水される仕組みになっています。

水漏れする場合

水が漏れるというトイレトラブルの場合は、部品に問題があることが多いです。劣化している可能性が高いので、新しい部品に替えていきましょう。

相談しよう

自分で修理やトイレトラブル発生の原因の判断をすることが難しい場合は、すぐに修理業者に相談するといいです。集合住宅であれば、とくに水漏れは重大な責任問題に発展する場合もありますので、早めに対処していきましょう。

気軽に問い合わせできる

最近では無料通話で、修理業者の窓口に問い合わせることができるようになっています。電話料を気にせずに相談できますので、気になることがあれば気軽に電話してみましょう。早期解決が、トラブルを未然に防ぐ重要なポイントになります。

広告募集中